一般的な履歴書の場合は住所や氏名、生年月日などの項目を書きますが、風俗店が用意した履歴書にはそれ以外に「自分の体で好きなところ」や「得意な風俗プレイ」、「性感帯はここ」などの項目があり、記入した後でそのままアルバムのプロフィールに載せられるようになっているのです。この風俗店の履歴書というのは、面接にやってきた女の子と話をした担当者が「この子はいけそうだ」と思った時に、男性客が相手の風俗嬢を選ぶときに参考にするアルバムのプロフィールに掲載するために書いてもらうものなのです。

 

でも、いきなり風俗店で自分の性感帯や得意なプレイを聞かれてもなかなか思い浮かびませんよね、そんな時は適当に記入するか面接の担当者に聞いてみましょう、間違ってもアナルプレイやSMプレイの経験もないのに得意プレイに書き込んだりしないように気をつけましょう。風俗専門の履歴書を書くってどういうこと?そう思うのも当然です、実は私も最初聞いた時には!?でした。

 

つまりこの履歴書に記入するように言われたら、その風俗店の面接に合格して採用されることが決まったと同じです、その後はアルバムに掲載する顔写真を撮影してもらった後、実際に風俗のプレイを指導してもらったりそのまま体験入店として男性客のお相手をすることになるのが普通です。風俗店の面接を受けに出かけるために急いでいたら、せっかく用意しておいた履歴書を忘れてしまった、という経験をしたことがある人はいませんか?これではせっかく面接の約束をしていても履歴書を持って行かないと不採用になってしまうと思いますよね、でも、風俗店の面接では市販の履歴書用紙に記入した内容はあまり面接の結果には影響ありません、もちろん例外はありますが風俗店によってはせっかく用意してきた履歴書ではなく、そのお店独自の履歴書を書いてもらうところがあるのです。